“Blue Note Tokyo”に行ってきました

息子が今、大学の勉強より熱心に取り組んでいるのが音楽。
夏休みで帰省して10日が経ちましたが、家に居る時間はピアノばかり弾いています。
幼い頃からピアノは習っていましたが、中学受験で中断、高校からはエレキギター
を弾き始めてピアノなんて見向きもしなかったのに、大学受験が終わってから急に
ピアノばかり弾いているので「あんた、そんなにピアノ好きだったっけ?」と、びっくり
した程です(真剣に習っていた訳ではないので、さほど上手くはありませんが)。

大学に入ってからクラッシッツクやジャズにも興味を持ってきたみたいで、夫は「息子と
趣味の音楽で話ができる日が来たなんて、なんて嬉しい事だろう!」とせっせ、せっせ
とお勧めのCDを息子にあげていました。バカ親なんです・・・。
「じゃあ、Blue Noteにでも行ってみるか?」と親と歩きたがらないお年頃の息子に
ダメもとで聞いてみたら「行く」と言うので、速攻、ネットでチケットをゲットするバカ父。

と言う事で行ってきました“Blue Note”。バカ母の私も一緒に。
e0156079_9555237.jpg

全くジャスに興味の無い私でも行ってみたかった青山にあるジャズクラブ
“Blue Note Tokyo”。
この日は世界で活躍するジャズピアニスト小曽根真と、武蔵野音大生のジャスバンドとの
セッション。(小曽根真は武蔵野音大の教授を務めていることから)

入り口から暗い階段を「どんなけ地下にもぐる訳?」と言うくらい降りたら
目の前に素晴らしい世界が・・・
e0156079_10302415.jpg
クラッシックのコンサートホールと違って、どこからでも舞台は目の前にある距離。
後ろにはバー。
e0156079_10503033.jpg
せせこましく皆でテーブルを囲んで座り、飲み物、食べ物を注文。
e0156079_10535455.jpg

e0156079_10525036.jpg

e0156079_10542869.jpg
またお料理が半端無く美味しい!
ん~シアワセ!私にとってはジャズを聴きに来たと言うより、社交場に来たって感じです。
実際、これが目当てで付いて来たのですから・・・・でも、小曽根真さん、サイコー!
素晴らしかったデス!

ブログランキングに参加しています
コチラ↓をクリックしていただけると嬉しいデス
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by e-s2008 | 2010-09-01 11:53 | 日々のこと
<< 表参道に行ってきました 収納バスケットその2 >>